スカルプ 抜け毛 薄毛 シャンプー メソケア メソケアプラス

メソケアプラスはなぜ石鹸系のシャンプーなのか?

現在売られている代表的なシャンプー素地は、

 

●石油系界面活性剤やラウリル硫酸系シャンプー
(これは比較的安価な商品に多いです)

 

●アミノ酸系シャンプー

 

●石けん系シャンプー

 

があげられます。

 

 

中でもスカルプシャンプーには「アミノ酸系シャンプー」がほとんどといっても過言ではありません。

 

しかしながら、メソケアプラスのシャンプーは少数派の石けん系シャンプーなのです。

 

これにはキチンと理由があるのですが、その前にアミノ酸系シャンプーと石鹸系シャンプーの一般的な特長をおさらいしてみました。

 

 

【アミノ酸系シャンプー】
・地肌や髪に負担が少ないように作られているため、低刺激できしみなどが少なく仕上がりもよい

 

・乾燥肌のロングヘアの方にはアミノ酸シャンプー

 

・洗浄力がマイルドなので、皮脂が多い方や十代の皮脂分泌の激しい年代には洗浄力が足りなく、かゆみを感じたり、べたついたりすることがある

 

・洗浄力が弱く髪にやさしいが、頭皮の汚れを取り去る力に欠ける

 

 

 

【石鹸系シャンプー】
・ヤシ油脂肪酸石鹸などが特徴となる成分で環境にやさしいつくりになっている

 

・頭皮の皮脂膜を壊さないので、頭皮に異常があるときなどにはオススメ

 

・脂性の頭皮に合うのは石鹸シャンプー

 

・頭皮を清潔に保つ能力に長けているが、髪全体に対する洗浄力も強すぎる

 

 

このようにどちらも一長一短がありますね。

 

 

 

メソケアプラスは『頭皮用シャンプー』です。

 

頭皮環境を健全に保つことによリ、髪そのものも健康になるという発想です。

 

見た目のキレイさではなく、根本から改善することにより髪本来の美しさを取り戻そうということなのです。

 

 

石けん系シャンプーはアミノ酸系シャンプーにはない洗浄力があります。

 

しかし、この洗浄力が逆に必要な皮脂までも洗い流してしまい、洗いあがりに頭皮のキシみや髪の毛がゴワゴワしたりと敬遠されてきました。

 

メソケアプラスは、これまで固形石鹸を作り続けてきた経験を活かし、洗浄力は保ちながらも頭皮を潤い・水分を保つことができるシャンプーの実現に至りました。

 

また「石けん系シャンプーで洗髪した後は、リンスを使ってPHを中性に戻さなければならない」という通説も、シャンプー素地の脂肪酸とアルカリのバランスを適切に保つ工夫を凝らすことで、頭皮への刺激が少ないリンスが不要なシャンプーに仕上がっています。

 

 

『美しい髪は健康な頭皮から!』

 

 

まずはあなたも「頭皮環境を正常に戻す事」から始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

もしよろしければメソケアプラスの体験レポートも読んでみてください。

 

>>>メソケアプラスの体験レポートはこちら<<<