抜け毛 薄毛 トリートメント メソケア メソケアプラス  ボタニカルヘアプロテクション

ボタニカルヘアプロテクションの成分とは?

メソケアプラスの新商品トリートメント「ボタニカルヘアプロテクション」の成分を調べてみました。
ボタニカルヘアプロテクションにはどんな成分が一体どんな含まれているのでしょうか。

 

「ボタニカル」って言うくらいだから植物由来成分がメインだと思いますが、やはり気になるところです。

 

順番はチューブに記載されている順番です。
この順番って、配合量の多い順らしいですね。

かなり長い成分表示です

 

 

【水】
…説明不要でいいですよね。(笑)

 

【水添ナタネ油アルコール】
…人体への影響:「安全です」
…天然植物から得られるナタネ油を還元して得られる高級アルコール。
…クリームの油成分と水分を均一に乳化させ、分離しない安定した状態にする。
…エモリエント剤として皮膚を保護する効果と、べとつきのない光沢を製品に与える。

 

【ベヘナミドプロピルジメチルアミン】
…人体への影響:「安全です」
…トリートメント効果や静電気防止機能を有する、アミドアミン型の陽イオン活性剤。
…低刺激なトリートメント成分として、コンディショナーやトリートメント剤、ヘアパック剤など頭髪用化粧品に使用。

 

【ベヘニルアルコール】
…人体への影響:「安全です」
…一般的にアルコールと称されるエチルアルコールとは異なり、アルコールフリーの商品にも使用される。
…肌荒れ防止や頭皮ケアの為に配合されることが多く、乳化安定性に優れ、乳化助剤として使われます。
…安全性が高く、食品にも配合される成分。

 

【ミリスチルアルコール】
…人体への影響:「注意が必要です!」
…天然植物油から得られるエモリエント油で、クリーム、乳液を安定させる作用がある。
…石鹸やヘアケア製品、クリームタイプのクレンザーなどの洗浄製品に使われる。
…アルコールの中でも毒性は低いが、皮膚を介して何らかの悪影響がある成分でもあるので、特に敏感肌の方は注意が必要。

 

【PPG−3カプリリルエーテル】
…人体への影響:「安全です」
…シリコーン鎖に親水性官能基を導入した変性シリコーン。
…乳化安定性や無機素材の分散にすぐれ、洗浄系の中でも皮膚や毛髪へ高い吸着性をもつため、シャンプー・ボディソープ・洗顔料・スキンケアー化粧品などに好適な素材。
…優れたまとまりと潤滑性を与え、ウエット時のきしみを改善し、コンディショニング性とハリ・コシを両立させ泡質改善効果も期待できる。

 

【BG】
…人体への影響:「安全です」
…グリセリンなどと同じ多価アルコールの一種で、お酒や消毒用に使用されます。グリセリンよりべたつかず、さっぱりした使用感です。
…安定性が高く、使用感が良いので、様々な化粧品に保湿剤、溶剤、粘度調整剤等に多用されてます。

 

【グリセリン】
…人体への影響:「安全です」
…多価アルコールの一種でグリセロールとも呼ばれ、甘味料のほか、化粧品類の保湿成分としても用いられている成分。
…一般的な化粧品類には天然グリセリンが使用され、水によく馴染み保湿性に優れていることから、化粧品などの基礎化粧品やヘアケア製品など身近な商品のほとんどに使用される。

 

【プロパンジオール】
…人体への影響:「安全です」
…植物デンプン(とうもろこし)を発酵させ得られ、ヨーロッパのオーガニック認証である『ECOCERT』を取得した安全性の高い100%植物由来原料。
…化粧品、シャンプー、リンス、ボディーシャンプ-、液体洗剤、抽出溶媒において、保湿剤、感触改良剤、溶剤など多様な用途で使用される。
…毛髪に対して、しっとり感、つるつる感、柔らかさ、軽さを与えル働きがある。

 

【イソステアリン酸水添ヒマシ油】
…人体への影響:「注意が必要です!」
…優れた可溶化性能を持つアミノ酸系界面活性剤の一種。
…皮膚のコンディショニング剤としての働きがあり、多くの石鹸やシャンプーなどといった化粧品に配合されている成分。
…アミノ酸系の界面活性剤ということで安全性はより高くなっているものの、お肌への刺激が気にある方は注意が必要。

 

【PCA−Na】
…人体への影響:「安全です」
…自然保湿因子に含まれる天然の保湿成分で、食物には、大豆、野菜などにも含まれる。
…主に保湿剤として、シャンプーなどのヘアケア商品、化粧水や保湿液、美容液などのスキンケア商品として使われています。
…髪に潤いとしなやかさの効果が期待できる成分。

 

【ベタイン】
…人体への影響:「安全です」
…アミノ酸の一種で、正式名称トリメチルグリシンと呼ばれ、てん菜から抽出される天然成分。
…食品添加物としての用途が多い成分で、調味料として食品の甘味や旨味と深い関係性をもつ。
…吸湿性と保湿性に優れていることから化粧品やヘアケア製品にも用いられ、健康・美容サプリメント成分としても採用されている。

 

【レウコノストック/ダイコン根発酵液】
…人体への影響:「安全です」
…ダイコン Raphanus Sativusの根を基質として、乳酸菌 Leuconostocで発酵したものをろ過して得られる液体。
…不純物やニオイなどを除去、単離精製することで、防腐性の高さに期待がもてる成分。
…スキンケア、ボディケア、ヘアケアなどに配合される。

 

【乳酸】
…人体への影響:「注意が必要です!」
…乳酸は人間の体内に存在していますが、筋肉痛や疲れによる頭痛などの痛みにこの乳酸が大きく関係しているとも言われる。
…痛みの原因となっているのはβーヒドロキシ酸を含むものですが、αーヒドロキシ酸を含む乳酸は美容分野で大きく活躍していて、主にピーリング作用、収れん作用、殺菌効果が期待できるが、肌に対して刺激が出る可能性があるため、敏感肌の方やアレルギー体質の方は十分に注意する必要があります。

 

【ポリクオタニウム−10】
…人体への影響:「安全です」
…無添加シャンプーのみならず、市販のシャンプーにもよく利用されている成分。
…シリコンのように髪をコーティングする働きもあるため、毒性があるものと勘違いされることも多いようですが、実は水溶性であるために洗髪で流されやすいという特徴を持っている。

 

【トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル】
…人体への影響:「安全です」
…ヤシ油から得られるカプリル酸・カプリン酸とグリセリンが結合したもので、皮膚をなめらかにし、うるおいを保つ働きがある油性原料。
…天然の油に比べ、安定性がとても高くなっているため使いやすいという特徴がある。

 

【グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド】
…人体への影響:「注意が必要です!」
…毛髪に吸着しやすく、静電気や髪の絡まり、パサつきを予防が期待できるため、トリートメント剤やリンス剤など多くのヘアケア商品に配合される成分。
…しかし、このタイプの界面活性剤はお肌に刺激の強い成分で、殺菌作用があるが髪ならまだしも頭皮には負担をかけるため注意が必要。

 

【ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル】
…人体への影響:「安全です」
…植物油に含まれているリノール酸を重合させたもの(ダイマー酸)から作られる油性基剤。
…艶感、うるおい感に優れ、エモリエント成分として化粧品に使われる。

 

【イノシトール】
…人体への影響:「安全です」
…ミオイノシトールとも呼ばれており、神経細胞や、筋肉組織を構成するビタミンBの一種で身体にとても大切な栄養成分。
…ビタミンCと同じで水溶性のビタミン様物質。

 

【塩化Na】
…人体への影響:「安全です」
…一般的に言う「食塩」。
…肌のキメを整えたり、毛髪キューティクルを整え、潤いを保つ効果があり、化粧水など様々な化粧品に使用される。
…増粘安定成分として、製品の調整をし品質を保持するためにも使用される。

 

【ツバキ種子油】
…人体への影響:「安全です」
…ヤブツバキの種子から採油されるもので、古くから髪に艶と潤いを与える髪油(水油)の主要な成分。

 

【コメヌカ油】
…人体への影響:「安全です」
…γーオリザノールを含み、紫外線防御効果、抗酸化作用、成長促進、代謝促進、血行促進作用など様々な有効性を示す成分。

 

【加水分解エンドウタンパク】
…人体への影響:「安全です」
…エンドウには澱粉や蛋白質が多く含まれ、その蛋白質を抽出した成分。
…髪の強度を回復する効果があり、傷んだ髪の水分補充や髪の表面を滑らかにする成分。

 

【エタノール】
…人体への影響:「安全です」
…エチルアルコールとも呼ばれる、一般的なアルコール成分。
…別名酒精とも呼ばれるようにお酒に含まれる成分として、また消毒成分としても広く使用される。
…化粧品内の成分を均一に馴染ませる作用や品質を安定させる効果から配合されている。

 

【イザヨイバラエキス】
…人体への影響:「安全です」
…イザヨイバラより抽出されたエキスで、アセロラの約1.5倍ものビタミンCを含有している他、アミノ酸、タンニンン化合物を豊富に含有している。
…活性酸素消去作用・抗アレルギー作用・抗炎症作用・美白作用などが期待され、各種基礎化粧品の原料として広く用いられている。

 

【ベニバナ花エキス】
…人体への影響:「安全です」
…血行促進作用保湿、紫外線防御作用、高い保湿性があり、抗炎性にも優れ美白効果も期待できる成分。

 

 

成分中、上位にはトリートメント製品として入れなければならないケミカルな素材が並んでいます。

 

これらの中には商品としての安定剤や殺菌剤、防腐剤が入っていますが、完全手作りで個人が使うものならともかく、「製品」として販売する限りは入れなければならない素材ですね。

 

下位には、ボタニカルヘアプロテクションの特長でもある『天然植物(ボタニカル)性素材』が並んでいます。

 

「香料」系は一切入っていませんね。
使っていても良い香りは全くしないので、やはりと言ったところです。

 

香りについては、人によって”アロマ効果として「必要」”と思われるかもしれませんが、髪へのトリートメントを第一に考えた場合は「余計なもの」であるというメソケアプラス側のこだわりが反映されていると思います。

 

今回、ボタニカルヘアプロテクションの成分をみてみると、ドラッグストアなどに売っている商品に比べればはるかに安全な成分で構成されているという印象です。

 

直接地肌に触れるものですから安全で安心できるものが一番だと思います。

 

 

⇒安全・安心できるトリートメントをお探しの方はこちらへ

 

もしければ、メソケアプラスのシャンプー&ローションの体験レポートも読んでみてください。
>>>「メソケアプラス」の体験レビューを最初から読む<<<